公開中のフリーソフトウェア


Traffic Management Controller

概要

Traffic Management Controller は、トラフィック量によってシャットダウンするツールです。
送受信量によって再起動や電源を切る、コマンド実行、プロセス強制終了などを行います。
また、帯域制限機能によって転送量を調整することも可能です。

[対応OS] Windows 2000/XP
※64bitOSでは32bitアプリとして動作します。
TCP Monitor Plus Ver2.00以降が必要

各機能について

操作方法、各機能についてはこちら参照してください。
Traffic Management Controller の操作説明
帯域制限機能の説明


ダウンロード


Traffic Management Controller - Screenshot
Traffic Management Controller - Screenshot

最新バージョン


New! Ver0.60 [ trafficcon060.zip ]

( FileSize: 161,649 Byte )



更新履歴


Ver0.60の更新について
(2018-05-14)
・タスクトレイアイコンが消失してしまう不具合を修正しました。
・予測時間メーターを表示するオプションを追加しました。
・終了時に確認ダイアログを表示するオプションを追加しました。
・その他細かい修正

Ver0.50の更新について
(2014-07-30)
・リストビューの表示を一部変更しました。
・アクション(全ての待機中イベントの監視を再開)を追加しました。
・その他細かい修正。
Ver0.50のDownload [ trafficcon050.zip ]

Ver0.40の更新について
(2013-09-11)
・トレイアイコンをCPU/MEM使用率に変更しました。
・イベントの実行までの待機時間を1~30秒後の範囲で変更可能にしました。
・リストビュー表示の調整と一部変更
・その他
Ver0.40のDownload [ trafficcon040.zip ]

Ver0.30の更新について
(2011-08-23)
・リストビュー描画の不具合を修正しました。
・ Ctrl+↑、Ctrl+↓でアイテム移動が可能になりました。
・その他
Ver0.30のDownload [ trafficcon030.zip ]


すべての更新履歴と過去Verのダウンロード

インストール・アンインストール方法

インストーラー等は使用しません。
アーカイブを解凍すると実行ファイルがありますので、ショートカットを作るなりして使用してください。
アンインストールは、実行ファイル等を解凍したフォルダごと削除してください。
Windowsのレジストリは一切使用していません。